障害年金のご相談は東京都八王子市の蜂巣社会保険労務士事務所まで

障害年金を得意とする社会保険労務士事務所です。

〒192-0053
東京都八王子市八幡町6-13
   ルネ八王子602号
     携帯 090-7322-0139
     【早朝・夜間・土日も対応いたします。】

無料メール相談はこちら

ホーム 事務所紹介 リンクのページ お問合せ 個人情報保護方針


●ブログ
障害年金のこと、知ってますか?

●事務所のご案内

幣事務所の障害年金申請サポート内容と報酬について

障害年金の年金額
個人情報保護方針
プロフィール
お問合せ
トップページ
リンクページ
サイトマップ


お客様の声

●障害認定基準について
認定の基本的事項
障害等級表
障害ごとの認定基準




 TOP > 障害等級表

■障害等級表(障害者手帳の等級とは基準が異なります。)
 

精神の障害、肢体の障害など、障害ごとの認定基準につきましてはこちらからご覧ください。
   →障害ごとの認定基準

 
1級の障害の程度です。
障害の状態
1級
1. 両眼の視力の和が0.04以下のもの
2. 両耳の聴力レベルが100デシベル以上のもの
3. 両上肢の機能に著しい障害を有するもの
4. 両上肢のすべての指を欠くもの
5. 両上肢のすべての指の機能に著しい障害を有するもの
6. 両下肢の機能に著しい障害を有するもの
7. 両下肢を足関節以上で欠くもの
8. 体幹の機能に座っていることができない程度又は立ち上がることができない程度の障害を有するもの
9. 前各号に掲げるもののほか、身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が前各号と同程度以上と認められる場合であって、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの
10. 精神の障害であって、前各号と同程度以上と認められる程度のもの
11. 身体の機能の障害若しくは病状又は精神の障害が重複する場合であって、その状態が前各号と同程度以上と認められる程度のもの


 2級の障害の程度です。
障害の状態
2級
1. 両眼の視力の和が0.05以上0.08以下のもの
2. 両耳の聴力レベルが90デシベル以上のもの
3. 平衡機能に著しい障害を有するもの
4. そしゃくの機能を欠くもの
5. 音声又は言語機能に著しい障害を有するもの
6. 両上肢のおや指及びひとさし指又は中指を欠くもの
7. 両上肢のおや指及びひとさし指又は中指の機能に著しい障害を有するもの
8. 一上肢の機能に著しい障害を有するもの
9. 一上肢のすべての指を欠くもの
10. 一上肢のすべての指の機能に著しい障害を有するもの
11. 両下肢のすべての指を欠くもの
12. 一下肢の機能に著しい障害を有するもの
13. 一下肢を足関節以上で欠くもの
14. 体幹の機能に歩くことができない程度の障害を有するもの
15. 前各号に掲げるもののほか、身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が前各号と同程度以上と認められる場合であって、日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの
16. 精神の障害であって、前各号と同程度以上と認められる程度のもの
17. 身体の機能の障害若しくは病状又は精神の障害が重複する場合であって、その状態が前各号と同程度以上と認められる程度のもの
 ※視力は矯正後の視力によって測定します。


 3級の障害の程度です。(3級は障害厚生年金のみです。障害基礎年金には3級はありません。)
障害の状態
3級
1. 両眼の視力が0.1以下に減じたもの
2. 両耳の聴力が40センチメートル以上では通常の話し声を解することができない程度に減じたもの
3. そしゃく又は言語の機能に相当程度の障害を残すもの
4. 脊柱の機能に著しい障害を残すもの
5. 一上肢の三大関節のうち、二関節の用を廃したもの
6. 一下肢の三大関節のうち、二関節の用を廃したもの
7. 長管状骨に偽関節を残し、運動機能に著しい障害を残すもの
8. 一上肢のおや指及びひとさし指を失ったもの又はおや指若しくはひ併せ一上肢の三指以上を失ったもの
9. おや指及びひとさし指を併せ一上肢の四指の用を廃したもの
10. 一下肢をリスフラン関節以上で失ったもの
11. 両下肢の十趾の用を廃したもの
12. 前各号に掲げるもののほか、身体の機能に、労働が著しい制限を受けるか、又は労働に著しい制限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの
13. 精神又は神経系統に、労働が著しい制限を受けるか、又は労働に著しい制限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの
14. 傷病が治らないで、身体の機能又は精神若しくは神経系統に、労働が制限を受けるか、又は労働に制限を加えることを必要とする程度の障害を有するものであって、厚生労働大臣が定めるもの

 障害手当金の程度です。(厚生年金のみです。)
障害の状態





1. 両眼の視力が0.6以下に減じたもの
2. 一眼の視力が0.1以下に減じたもの
3. 両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
4. 両眼による視野が二分の一以上欠損したもの又は両眼の視野が10度以内のもの
5. 両眼の調節機能及び輻輳機能に著しい障害を残すもの
6. 一耳の聴力が、耳殻に接しなければ大声による話を解することができない程度に減じたもの
7. そしゃく又は言語の機能に障害を残すもの
8. 鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの
9. 脊柱の機能に障害を残すもの
10. 一上肢の三大関節のうち、一関節に著しい機能障害を残すもの
11. 一下肢の三大関節のうち、一関節に著しい機能障害を残すもの
12. 一下肢を3センチメートル以上短縮したもの
13. 長管状骨に著しい転位変形を残すもの
14. 一上肢の二指以上を失ったもの
15. 一上肢のひとさし指を失ったもの
16. 一上肢の三指以上の用を廃したもの
17. ひとさし指を併せ一上肢の二指の用を廃したもの
18. 一上肢のおや指の用を廃したもの
19. 一下肢の第一趾又は他の四趾以上を失ったもの
20. 一下肢の五趾の用を廃したもの
21. 前各号に掲げるもののほか、身体の機能に、労働が制限を受けるか、又は労働に制限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの
22. 精神又は神経系統に、労働が制限を受けるか、又は労働に制限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの


●無料電話相談受付中です。
平日    午前9時〜午後8時30分まで
土曜日  午前9時から12時まで

※外出しているときなど、担当者が電話に出られないときは折り返しこちらからおかけいたします。

→042-686-2605まで

 ●お急ぎの方は携帯へ

→090-7322-0139までどうぞ
 ☆早朝・夜間・土曜日・日曜日でも対応いたします。


●お問合せ(無料メール相談はこちらから)
 ☆24時間以内に回答いたします。


■主な対応地域はこちらです。

【東京都】東京23区
八王子市・日野市・多摩市・稲城市・府中市・調布市・狛江市・三鷹市・武蔵野市・小金井市
町田市・国分寺市・国立市・立川市・昭島市・福生市・あきる野市・青梅市・羽村市・瑞穂町
武蔵村山市・東大和市・東村山市・小平市・清瀬市・東久留米市・西東京市・日の出町

【神奈川県】横浜市・相模原市・川崎市・座間市・大和市・藤沢市・厚木市・平塚市・茅ヶ崎市・海老名市・綾瀬市・寒川町

【山梨県】大月市・上野原市・山梨市・甲府市

※このほか。埼玉県・千葉県など八王子から電車で2時間程度の距離であれば出来る限り対応いたします。どうぞご遠慮なくご相談ください。

Copyright(C)2006-2016  蜂巣社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.