障害年金のご相談は東京都八王子市の蜂巣社会保険労務士事務所まで

障害年金を得意とする社会保険労務士事務所です。

〒192-0053
東京都八王子市八幡町6-13
   ルネ八王子602号
    携帯 090-7322-0139

無料メール相談はこちら

ホーム 事務所紹介 リンクのページ お問合せ 個人情報保護方針


●ブログ
障害年金のこと、知ってますか?

●事務所のご案内

幣事務所の障害年金申請サポート内容と報酬について

障害年金の年金額
個人情報保護方針
プロフィール
お問合せ
トップページ
リンクページ
サイトマップ


お客様の声


●障害年金について

□ 1.障害年金とは
□ 2.初診日とは
□ 3.納付要件とは
□ 4.障害認定日とは
□ 5.認定日請求と事後重症
□ 6.報酬と手続きの流れ
□ 7.障害年金請求に必要な書類について
□ 8. 障害年金受給後のあれこれ
□ 9. 20歳前傷病による障害基礎年金

●障害認定基準について
認定の基本的事項
症状ごとの認定基準


 TOP > 保険料納付要件

■保険料納付要件とは(国民年金・厚生年金共通)

 初診日の前日において次のいずれかの条件を満たすことが必要です。(初診日が平成3年5月1日以降の方)

@初診日の属する月の前々月までの年金に加入しなければいけない期間のうち3分の2以上が納付済み期間か免除期間・猶予期間であること
   →3分の2要件

A初診日の属する月の前々月までの1年間に未納期間がないこと
   →直前1年要件


 
@の3分の2要件について最も分かりやすい例で説明すると、20歳の時点から初診日の属する月の前々月までの期間のうち3分の2以上が納付済みか免除期間であることが必要です。
 Aの直前1年要件について、初診日の属する月の前々月までの1年間とは、仮に初診日が21年8月12日とすると、20年7月から21年6月までの1年間になります。この1年間に未納期間がなければ要件を満たします。



◆注意事項
 
納付要件をクリアできないとどんなに症状が重くても障害年金は支給されません。
 初診日の前日において、ですので、初診日以降に納付した期間は障害年金の納付要件を見るときは納付済み期間とはみなされません。
同様に初診日以降に免除申請・猶予申請、学生納付特例申請をした場合も免除期間・猶予期間とはみなされません。国民年金の保険料は本来の納付期限をすぎても2年間は払うことができますので、国民年金加入中に初診日があり、遅れて納付している方は納付要件の確認に注意が必要です。同様に国民年金の申請免除は7月まで遡って申請することができますが、初診日以降に免除申請した場合は免除期間とはみなされませんので注意が必要です。
 厚生年金加入期間は納付済み期間、国民年金の第3号期間は納付済み期間になります。ただし、初診日以降に2年以上遡って3号特例申請した場合、2年以上前の3号特例期間は納付済み期間とはみなされません。



 ●無料電話相談受付中です。
平日    午前9時〜8時30分まで
土曜日  午前9時から12時まで

→042-686-2605までどうぞ


 ●お急ぎの方は携帯へ

→090-7322-0139までどうぞ
☆早朝・夜間・日曜日でも対応いたします。


●お問合せ(無料メール相談はこちらから)
☆24時間以内に回答いたします。

■主な対応地域はこちらです。

【東京都】東京23区
八王子市・日野市・多摩市・稲城市・府中市・調布市・狛江市・三鷹市・武蔵野市・小金井市
町田市・国分寺市・国立市・立川市・昭島市・福生市・あきる野市・青梅市・羽村市・瑞穂町
武蔵村山市・東大和市・東村山市・小平市・清瀬市・東久留米市・西東京市・日の出町

【神奈川県】横浜市・相模原市・川崎市・座間市・大和市・藤沢市・厚木市・平塚市・茅ヶ崎市・海老名市・綾瀬市・寒川町

【山梨県】大月市・上野原市・山梨市・甲府市

※このほか、埼玉県・千葉県など八王子から電車で2時間程度の地域であれば出来る限り対応いたします。どうぞご遠慮なくご相談ください。

Copyright(C)2006-2016  蜂巣社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.